食道胃腸の病気情報館

食道胃腸の病気の症状原因治療についての情報です

食道の構造と働き

食道の働きは、食道の筋肉の蠕動運動によって飲食物を胃に運び、食道の上端と下端にある括約筋で食べ物などの逆流を防ぐことです。食道は消化器系ですが、消化吸収の機能はありません。

食道の構造と役割

 食道の狭窄部

第一狭窄部は、気管の後あたりに位置する食道の入り口部で狭くなっています。第二狭窄部は、気管・気管支や大動脈に押さえられて少し狭くなっています。第三狭窄部は、食道裂孔部(食道の出口部分)で狭くなっています。上下の狭窄部の括約筋により飲食物の逆流を防ぐ働きをします。

 食道の筋肉と蠕動運動

食道上部の1/3は横紋筋(随意筋)、食道下部の1/3は平滑筋、その中間部の1/3は骨格筋と平滑筋が混在しています。平滑筋は不随筋のため自分の意思で動かすことができませんが、食べ物などを飲み込んだ時の嚥下反射によって蠕動運動が維持されて、胃に飲食物を送る働きをします。

 食道の内側の壁の構造

食道の内側の壁は、内から粘膜層・粘膜固有層・粘膜筋板・粘膜下層・固有筋層・外膜からなっていて、その中に血管・リンパ管・リンパ組織・神経などが含まれる構成になっています。食道の粘膜の上皮は重層扁平上皮で、平たい細胞が何層にも重なっており、食べ物で食道粘膜の表皮が傷つきにくい構造になっています。ただ、粘液に乏しく、酸に弱いため、胃液の逆流で容易に炎症を生じてしまいます。

 食道の外側の構造

食道の外側の壁には漿膜(しょう膜)がありません。そのために、早い段階でがんがリンパ節に転移したり、大動脈・肺・気管などの食道周辺の臓器に浸潤しやすいです。

※消化器管系(胃腸系)は消化管と消化腺の2種類に大別されます。食道は消化管の一部の消化器官です。

※漿膜(しょうまく)とは、体腔の 内面や臓器の表面を覆う漿液を分泌する薄い膜のことで、他臓器などとの摩擦を少なくする働きがあります。

 - 食道胃腸の構造と働き

PC用

PC用

  関連記事