食道胃腸の病気情報館

食道胃腸の病気の症状原因治療についての情報です

胃の構造と働き

胃は食道と十二指腸の間にある袋状の消化器官で、食べ物を消化する働きを持つ最初の消化器官です。胃で分泌される消化液や消化酵素と胃の蠕動運動によって、食べ物をより消化吸収しやすいカユのような状態にして、十二指腸に送り出します。胃は、タンパク質を分解する重要な役割があります。

胃の構造と役割

胃は、入口と出口が狭く、途中が膨らんだ袋状の構造になっています。胃は胃液(胃酸や消化酵素)で食べ物を分解し、蠕動運動で食べ物を撹拌し、十二指腸に送り出す働きをします。

胃は、胃底部・胃体部・幽門部で構成されており、入口を噴門、出口を幽門と呼びます。胃全体が左側に弧状に湾曲しており、噴門から幽門までが大きく膨らんでいる左側を大彎(だいわん)、反った形の右側を小彎(しょうわん)と呼びます。

胃の壁は、粘膜層・粘膜筋板・粘膜下層・筋層・漿膜で構成されています。粘膜には無数のヒダと無数の胃小窩と呼ばれる小さな穴があります。 胃小窩の中には胃液を分泌する胃腺が開口しています。

 胃の構成と部位別の働き

噴門部:噴門括約筋は、食道下部の内圧が高くなると弛緩して食べ物を胃に送ります。それ以外は収縮していて、食物や胃酸などの胃内容物が食道に逆流するのを防ぐ働きをします。

胃底部:飲み込んだ空気が溜まっている部位です。食べ物を消化し、蠕動運動で胃体部へ少しずつ送り出す働きをします。

胃体部:胃の大部分を占めている部位です。食べ物を消化し、蠕動運動で幽閉部に送り出す働きをします。

幽閉部:幽門部は幽門前庭部とも呼ばれ、十二指腸への食物の通過を調節する働きをします。胃内圧が幽門括約筋の圧力を上回ると、食べ物は十二指腸に少しずつ送り出されます。

 胃壁の構成と役割

わずか5ミリほどの厚さの胃壁は粘膜層・粘膜筋板・粘膜下層・筋層・漿膜で構成されています。胃壁から分泌される胃液は食べ物を消化したり、粘液は胃を守る働きをします。筋層の筋肉による蠕動運動は食べ物を砕いたり十二指腸に送り出す働きをします。
胃潰瘍や癌といった胃の病気の進行は、通常は、最初に粘膜が傷害されて漿膜に向かって次第に病巣が広がっていきます。

粘膜層:粘膜には胃腺(胃底腺・胃体線・噴門腺・幽門腺)があります。胃腺によって分泌する胃液に違いがあります。胃腺は粘膜表面に無数の口(胃小窩とよばれる穴)を開いている管状で、粘膜層の底まで伸びています。胃底腺と胃体線は胃液(胃酸と消化酵素)と粘液を分泌します。噴門腺と幽門腺は主に粘液を分泌し、胃壁を保護する働きをします。

筋層:筋層は縦走筋・輪状筋・斜走筋の3層の平滑筋で構成されています。この平滑筋層の収縮運動が胃の蠕動運動になります。

漿膜:漿膜から分泌される漿液によって摩擦から臓器を守る働きをしています。

 - 食道胃腸の構造と働き

PC用

PC用

  関連記事