食道胃腸の病気情報館

食道胃腸の病気の症状原因治療についての情報です

胃液の成分と働き

胃液は胃粘膜(胃壁の粘膜)にある胃腺から分泌されます。胃腺には、噴門腺、胃底腺、胃体腺、幽門腺があり、胃腺によって分泌する胃液成分が違います。胃腺には主細胞、副細胞、壁細胞(傍細胞)の3種類の外分泌細胞があります。

胃液の成分と役割

胃腺から分泌される胃液の主な成分は胃酸・ペプシノーゲン・粘液です。粘液は胃腺全てから分泌されますが、胃酸とペプシノーゲンは胃底部と胃体部だけだら分泌されます。他に幽門腺からガストリンが分泌されます。

胃酸(塩酸)
胃酸(塩酸)は、胃腺中央部の壁細胞(傍細胞)から分泌される胃液成分です。胃酸(塩酸)は食物を酸性化し、細菌やウイルスなどを殺菌するは働きがあります。また、鉄分やカルシウムを酸化して、吸収しやすい状態にします。

ペプシノーゲン
ペプシノーゲンは、胃腺深部の主細胞から分泌される胃液成分です。ペプシノーゲンは塩酸に触れてペプシンと呼ばれる消化酵素に変わり、たんぱく質を分解してペプチド(ペプトン)にします。

粘液
粘液は、胃腺上部の表層粘液細胞や副細胞から分泌される胃液成分です。粘液細胞は主に噴門腺や幽門腺に多い細胞です。ムチンを含む粘液は粘膜表面を覆って、胃酸(塩酸)やペプシンから胃壁を保護する働きがあります。ムチンはアルカリ性で、胃酸を中和します。

ガストリン
ガストリンは、主に幽門線上皮のG細胞から分泌されるホルモンです。分泌されたガストリンは血液にのって移動して胃体部壁細胞にあるガストリン受容体と結合すると、壁細胞から胃酸が分泌されます。ガストリンはタンパク質(特に肉汁)によって分泌が促進されます。一方で胃酸はガストリン分泌を抑制する働きをするため、胃酸とガストリンの相互作用によって胃酸の分泌のバランスが調整されています。

※胃における消化吸収の働き
胃での消化は、消化酵素ペプシンによるタンパク質の分解のみです。胃での吸収は殆どありませんが、水、アルコール(飲酒量の20%ほど)、一部の薬(アスピリン)がわずかに吸収されます。栄養素の消化吸収の大部分は小腸が担っています。

 - 食道胃腸の構造と働き

PC用

PC用

  関連記事