食道胃腸の病気情報館

食道胃腸の病気の症状原因治療についての情報です

腸の構造と働き

腸は小腸(十二指腸・空腸・回腸)と大腸(盲腸・結腸・直腸)からなり、小腸は消化吸収の要として働き、大腸は水分を吸収して便をつくります。

腸には消化吸収の役割の他に、腸管特有の免疫システムがあります。人体の免疫システムの70%が腸にあるといわれ、腸内細菌と免疫システムは相互に作用し、人体の健康に影響しています。

また、脳の指令がなくとも腸管の機能を調節する腸管神経系の働きから、腸は第二の脳と呼ばれています。

小腸の構造と役割

本格的な消化吸収の働きをする小腸は、長さ6mをこえる管状の消化器官で、十二指腸、空腸、回腸に分けられます。小腸の内側には輪状ひだがあり、この輪状ひだは繊毛で覆われる構造になっています。更に繊毛の表層(円柱細胞)には微繊毛があることで、食べ物(食塊)と触れる表面積が広がり、小腸は効率のよい栄養吸収ができるようになっています。

胃から食べ物(食塊)が小腸に送られると、まず十二指腸で膵液・胆汁・腸液が分泌され消化が進み、空腸で活発な消化吸収が行われ、回腸で更に消化吸収が進みます。空腸と回腸でほとんどの栄養素を吸収します。小腸上部~下部にかけて吸収する栄養素の分布は少しずつかわります。

消化吸収の働きの他に、小腸の役割として、小腸免疫系(小腸免疫システム)の働きがあります。小腸免疫系はパイエル板(リンパ球の集まり)や腸間膜リンパ節などで構成され、口から入ってくる病原細菌などを防ぎます。

大腸の構造と役割

大腸は、盲腸・結腸(上行結腸・横行結腸・下行結腸・S状結腸)・直腸からなる長さ約1.5mの管状の消化器官です。大腸の内側は粘膜・粘膜下層・筋層・漿膜の層からなっています。小腸のような輪状ひだや絨毛はなく、粘膜は平坦です。小腸と大腸の間の回盲弁で、腸内容物が逆流しないようになっています。

大腸の役割は、小腸で消化吸収された腸内容物(食べ物のカス)を蠕動運動によって大腸内を移動する間に、水分が吸収されて固形化(便塊化)して便をつくることです。

大腸は独自の腸内細菌叢の大量で多種類の細菌群を排除しない免疫系(免疫システム)になっています。病原細菌が小腸を抜けて大腸に達すると、腸内細菌群が防ぐ役割をします。

 - 食道胃腸の構造と働き

PC用

PC用

  関連記事