食道胃腸の病気情報館

食道胃腸の病気の症状原因治療についての情報です

食中毒の種類(分類)と定義

食中毒の種類は、食中毒を引き起こす原因物質によって分類されます。食中毒の定義に関連して、食品衛生法と感染症法による定めがあります。食品衛生法では、「食品、添加物、器具若しくは容器包装に起因して中毒した患者若しくはその疑いのある者」と食中毒患者を定義し、感染症法で食中毒患者の扱い方について定めています。

食中毒の種類分け(分類)

食中毒を引き起こす原因物質には、微生物(細菌・ウイルス・真菌)、自然毒、化学物質、原虫、寄生虫があります。

 細菌性食中毒

感染型:食品内で増殖した細菌(生菌)が飲食物とともに摂取され、腸内に定着増殖して炎症症状を起こしたり、さらに腸管上皮細胞に侵入して増殖して食中毒症状を起こします。
*原因菌名:サルモネラ、カンピロバクター、腸炎ビブリオ、組織侵入性大腸菌(EIEC)など

生体内毒素型:摂取された細菌(生菌)が腸管内で増殖の際に産生された毒素によって食中毒症状をおこします。
*原因菌名:ウエルシュ菌、毒素原性大腸菌((ETEC)、腸管出血性大腸菌(EHEC>O-157など)、下痢型セレウス菌など

毒素型(食品内毒素型 ):食品内で原因菌が増殖する際に産生された毒素によって食中毒症状を起こします。
*原因菌名:黄色ブドウ球菌、ボツリヌス菌、嘔吐型セレウス菌など

 ウイルス性食中毒

食中毒を起こすウイルスには、ノロウイルス、ロタウイルス、腸管アデノウイルス、サポウイルスなどがあります。
ノロウイルスは病院や高齢者施設などでの集団感染の原因になっています。同じノロウイルスでも飲食物に起因する場合は食中毒(ウイルス性食中毒)、人から伝染する場合は感染症と区別されます。

 真菌性食中毒

カビ毒(マイコトキシン)とは、カビの代謝過程で副産物として産生される毒素の総称で、経口摂取で毒性又は発がん性などのリスクのある有害物質です。食中毒を起こすカビ毒(マイコトキシン)を産生するカビには、アスペルギルス、ペニシリウム、フザリウムがあります。

 自然毒食中毒

  • 植物性自然毒:毒キノコ、有毒植物(トリカブト、アジサイの葉など)など
  • 動物性自然毒:フグ毒(テトロドトキシン)、貝毒(テトラミン)など

 化学性食中毒

重金属(水銀、カドミウム、鉛、ヒ素化合物など)、農薬、洗剤や漂白剤などが、食品の生産加工過程、保存や流通などによって、過失または誤用の結果として、食品に混入したりすることで起こる食中毒です。

 寄生虫や原虫による食中毒

肉・魚・生水に寄生している虫によって引き起こされる食中毒です。

  • 寄生虫:回虫、アニサキス、横川吸虫、無鉤条虫など
  • 原虫:赤痢アメーバ、トキソプラズマ、クリプトスポリジウム、サイクロスポラなど

食中毒の定義

食品衛生法で食中毒が規定されています。感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)では、「病因物質の種別にかかわらず飲食に起因する健康障害(下痢やおう吐などの症状)は食中毒として取り扱われる事になっています。ノロウイルスのように病原性が強く、患者が感染源になって人から人への感染が広がるような場合は、経口感染症と純粋な食中毒を区別して扱うこともあります。

 - 急性胃腸炎・食中毒

PC用

PC用

  関連記事