食道胃腸の病気情報館

食道胃腸の病気の症状原因治療についての情報です

腸管出血性大腸菌O157の特徴・症状・感染経路・予防

O157をはじめ腸管出血性大腸菌による食中毒は、ベロ毒素を産生する大腸菌による食中毒です。少量の菌でも発症し、人から人への二次感染を起こすこともあります。腸管出血性大腸菌は食中毒としてだけでなく、感染症としても注意が必要な大腸菌です。

食中毒の原因になる腸管出血性大腸菌の血清型のほとんどはO157ですが、O157の他にO26、O111などの血清型があります。腸管出血性大腸菌は感染症法の3類感染症に指定されています。加熱や消毒処理に弱いため、家庭での予防方法は十分な加熱と手洗いが有効です。

腸管出血性大腸菌の特徴

強い毒性をもつベロ毒素:腸管出血性大腸菌は、腸管内でベロ毒素(志賀毒素)という出血性下痢の原因になる毒素を産生します。ベロ毒素(志賀毒素)は、重症化すると腎臓や脳に重篤な障害を生じさせ、死に至ることもあります。

感染力が強い:細菌性赤痢に近い感染力があります。100個ほどの少ない菌量で症状が出るといわれています。

潜伏期間が長い:潜伏期間が4~8日と長く、発症後に原因食品や感染源の特定が難しく、同じ汚染食品を摂取することによる食中毒や二次感染が拡大する危険があります。

腸管出血性大腸菌による症状

症状の程度は無症状から重症まで個人差がありますが、典型的な症状としては、無症状の潜伏期間の後に腹痛や水溶性下痢の初期症状が現われ、3日目ころに出血性大腸炎(激しい腹痛と出血性下痢)を生じます。一般的にO157は他の血清型に比べて症状が重く、特に小児、高齢者、抵抗力の弱い人では重症化して溶血性尿毒症症候群(HUS)(溶血性貧血、血小板減少、腎不全の症状が特徴)や脳症(痙攣や意識障害)などの合併症を起こすことがあるため、注意が必要です。

腸管出血性大腸菌の原因食品と感染経路

腸管出血性大腸菌は反芻動物(牛、羊、鹿)の大腸に生息しています。それら動物の糞便に汚染された食品や水が腸管出血性大腸菌の原因食品になります。
腸管出血性大腸菌は経口感染しますが、感染経路は、菌が付着した汚染食品と、感染者(患者や保菌者)の便で汚染されたものに触ることで菌が付着した手などを介しての二次感染があります。

感染経路(汚染食品からの一次感染)
井戸水、生肉(生レバー、ユッケ、加熱不足のハンバーグなど)、生野菜(サラダ、白菜漬けなど)

感染経路(感染者からの二次感染)
感染者が調理することで食べ物が菌に汚染されたり、共用しているタオルや、風呂・プールを介する感染も考えられます。

腸管出血性大腸菌の予防方法

家庭での予防方法は、食肉の十分な加熱と手洗いが有効です。腸管出血性大腸菌は熱に弱く75℃1分以上の加熱で死滅します。

一次感染の予防方法

  • 肉類の調理時は衛生管理(調理器具や手指の洗浄消毒や、菌がうつらない工夫)を十分に行う。
  • 肉類は、中心部まで75℃1分以上でしっかり加熱する。
  • 肉を焼く時は、専用の箸・トングを使う。

二次感染の予防方法

  • トイレの後、帰宅時、調理や食事の前に、石鹸と流水で手洗いをする。
  • タオルの共用はしない。
  • 下痢症状のある時は、入浴の順番は最後にしてシャワー使用。また、プールの使用は止める。
  • 糞便を処理する時は、糞便が直接手に触れないようにして、処理後は石けんと流水で手洗いをする。

※腸管出血性大腸菌(EHEC):enterohemorrhagic E coli

※3類感染症:感染症法「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」で規定されている感染症で、腸管出血性大腸菌、コレラ、細菌性赤痢、腸チフス、パラチフスが指定されています。

 - 急性胃腸炎・食中毒

PC用

PC用

  関連記事