食道胃腸の病気情報館

食道胃腸の病気の症状原因治療についての情報です

胃食道逆流症(GERD)とは

胃食道逆流症(ガード・GERD)とは、胃酸などの胃内容物が食道に逆流して起こる病気の総称です。胃食道逆流症(ガード・GERD)には、逆流性食道炎(RE)と非びらん性胃食道逆流症(NERD)があります。非びらん性胃食道逆流症(NERD)は、胸やけや呑酸などの逆流症状があっても食道粘膜傷害が見られません。

胃食道逆流症(ガード・GERD)はQOL(生活の質)を大きく障害します。胸やけが続いているなら、病院を受診して治療を受けてください。多くの症状は和らげることができます。

日本人の胃食道逆流症(GERD)の特徴

日本人の食生活の変化(欧米化)で胃酸分泌能が上昇傾向にあることや、ピロリ菌感染率の低下によって胃食道逆流症(GERD)が増加する傾向にあります。また、肥満、高齢化社会も胃食道逆流症(GERD)の増加原因になっています。
非びらん性胃食道逆流症(NERD)が胃食道逆流症(GERD)の半数以上を占めるといわれています。高齢者に多いとされている逆流性食道炎は、若い人にも増えています。

胃食道逆流症(GERD)の症状

胃食道逆流症(GERD)の定型症状は胸やけと呑酸(どんさん)です。非定型症状として、嗄声(しわがれ声)、胸痛(非心臓性)、咽喉頭異常感(喉のつかえ感やイガイガ感など)、咳などがあります。

  • 胸やけ:チリチリ痛い、重苦しいといった胸(胃より上の食道部分)が焼けるような不快感です。
  • 呑酸(どんさん):すっぱい苦い胃液が喉や口まで上がってくる感覚です。

胃食道逆流症(GERD)の原因

胃食道逆流症(GERD)の主な原因として、下部食道括約筋の機能低下など逆流しやすい状態がある、ピロリ菌感染がないことなどによる胃酸過多、食道粘膜が過敏になっていることが挙げられます。

胃食道逆流症(GERD)の検査治療

胃食道逆流症(GERD)の検査には、一般的なX線造影検査と内視鏡検査で粘膜を観察する方法の他に、pH測定検査や食道運動機能検査といった特殊検査があります。胃食道逆流症(GERD)の治療は、内科的治療(薬物療法)と食生活など生活習慣の改善になります。

薬物療法:胃酸分泌抑制薬(プロトンポンプ阻害薬やH2ブロッカーなどの胃酸分泌を抑制する薬)が投与されます。食道粘膜を保護、胃酸を中和、胃の運動を活発にする薬、抗不安薬を使用することもあります。

生活習慣の改善:規則正しい食生活を心がけ、食べ過ぎ飲み過ぎをしない、脂肪分や刺激物は控える、食後3時間は横にならない・寝ないようにします。前かがみ姿勢や肥満を解消します。就寝は上半身が高くなる姿勢で寝ます。

※胃食道逆流症(ガード):(GERD)gastro-esophageal reflux disease

※非びらん性胃食道逆流症(NERD):non-erosive reflux disease

※逆流性食道炎:(RE)reflux esophagitis

 - 食道の病気

PC用

PC用

  関連記事