食道胃腸の病気情報館

食道胃腸の病気の症状原因治療についての情報です

消化器疾患とは

消化器疾患とは、食道・胃腸・肝臓といった消化と吸収に携わる消化器管系の病気のことです。消化管である胃や腸の病気は、悪性腫瘍を除けば自覚症状がでやすく、胃腸の症状としては、胃の痛み・胸の痛み・胸やけ・呑酸・げっぷ・食欲不振・胃もたれ・膨満感・吐き気・嘔吐・吐血・腹痛・便秘・下痢・下血など様々です。

その一方で、消化腺である肝臓や膵臓は沈黙の臓器といわれ、病気の初期の自覚症状に乏しく、病気がかなり進行してから自覚症状が現れたり、人間ドックや定期健診で発見されることも珍しくありません。肝胆膵(肝臓・胆のう・膵臓)は食物の消化や体のエネルギー源を作り出すといった重要な働きがあります。

病院を受診することも多い消化器官系(胃腸系)の病気ですが、消化器疾患には実に多くの病気があります。何か症状が出てからではなく、日頃から暴飲暴食を避け、生活習慣を見直すなどして身体をいたわり、がん検診や健診などで定期的に体のチェックをしましょう。

※消化器管系の消化管と消化腺胃腸系とも呼ばれる消化器管系は、消化管と消化腺の2種類に大別されます。

  • 消化管とは、口・喉・食道・胃・小腸・大腸・肛門の器官からなる1本の管です。
  • 消化腺とは、消化液を分泌する腺の総称で、唾液腺・肝臓・胆のう・膵臓・胃腺・腸腺などを指します。

 - 消化器官系の基礎知識

PC用

PC用

  関連記事