食道胃腸の病気情報館

食道胃腸の病気の症状原因治療についての情報です

逆流性食道炎の原因

日本の逆流性食道炎が増加傾向にある原因として、食生活の欧米化、肥満、ピロリ菌感染者の減少、進む高齢化社会があります。逆流性食道炎の原因は、食道に逆流しやすい状態、胃酸分泌、食道粘膜が過敏になっていることがあり、複合的な原因によって逆流性食道炎を発症するとされています。

胃酸が逆流するメカニズム

胃と食道の接合部(噴門)の下部食道括約筋(LES)が食道に胃酸が逆流するのを防ぐ役割をしています。通常は、嚥下⇒LES弛緩(同時に蠕動運動が始まる=蠕動波発生)⇒蠕動波がLESに達するとLES弛緩が終了します。
胃酸逆流の多くは、嚥下を伴わないLES弛緩時に起こります。これは一過性LES 弛緩(TLESR)と呼ばれるもので、胃酸逆流の主な原因です。TLESRは、げっぷ(おくび)と同じメカニズムでおこります。げっぷ(おくび)をするときに空気と一緒に胃酸が逆流してしまいます。逆流性食道炎が重症になるに従がって、逆流液は上方に上がりやすく、排出しづらくなります。

胃酸逆流の原因

酸逆流の原因には、食生活を含む生活習慣、老化、肥満や姿勢による腹部の圧迫、ピロリ菌、アルコールや喫煙が考えられます。

食生活の欧米化
欧米食は脂肪やたんぱく質を多く含み、消化に時間が掛かります。これを助ける消化管ホルモンにコレシストキニンがあります。高脂肪・高タンパクの食事を摂り過ぎると、このホルモンの作用で一過性LES 弛緩(TLESR)が引き起こされます。また、脂肪の多い食事は胃酸分泌量を増やし、タンパク質の多い食事は胃に長く留まり、胃酸が逆流しやすい状態です。

加齢
高齢者では、加齢による横隔膜や下部食道括約筋の緩み、蠕動運動機能の低下などの食道の老化、食道裂孔ヘルニアなどによって胃内容物(特に胃酸)が食道に逆流しやすくなっています。逆流を繰り返すと、食道粘膜は炎症(逆流性食道炎)をおこしてしまいます。

ピロリ菌除菌で胃酸分泌増加
ピロリ菌に感染して胃に炎症があると、胃酸分泌が抑えられます。ピロリ菌の除菌治療をすると、胃酸分泌が改善して(多くなり)、一時的に逆流性食道炎になることがあります。多くが軽症です。

腹圧上昇(肥満・姿勢など)
肥満による内臓脂肪をはじめとする腹部の脂肪、前かがみの姿勢、ベルトによる腹部の締め付け、重い物を持ち上げる、などは腹圧を上昇させるため、胃を圧迫して胃液が逆流しやすくなります。

アルコール・喫煙
アルコールは胃酸分泌を促進し、LESを弛緩させます。喫煙は、胃の酸性度を高め、LESを弛緩させます。

※呑酸とゲップの違い:呑酸は逆流性食道炎特有で、酸っぱいものが喉の奥にこみ上げてきて、喉がやけるような感覚です。ゲップは胃の中のガスや空気が口から排出されるものです。健康な状態でも食後におこりますから、胃腸の病気によるとは限りません。

※下部食道括約筋(LES):Lower Esophageal Sphincter

※一過性LES 弛緩(TLESR):transient LES relaxation

 - 逆流性食道炎

PC用

PC用

  関連記事