食道胃腸の病気情報館

食道胃腸の病気の症状原因治療についての情報です

逆流性食道炎の症状

逆流性食道炎の症状で一番多いのが「胸やけ」です。胃液や胃の内容物などが食道に頻繁に逆流が起こると、胃液に含まれる胃酸(強い酸)によって食道の粘膜が炎症を起こして、逆流性食道炎のさまざまな症状が現われます。

逆流性食道炎(RE)の症状と特徴

胸やけ・吞酸(どんさん)感・嚥下障害といった典型的な症状だけでなく、喉まで逆流した胃酸による咽頭炎・気管支炎・気管支喘息をおこすことがあります。更に、肩こり・背中の痛み・寝汗を訴えることもあります。

胸やけ:胸やけ症状は、「胸がチリチリ焼けるように痛む」「胸のあたりが重苦しい」といった胸が焼けるような不快感です。かがむ姿勢や食べ過ぎ(食後2時間以内)で不快感を感じます。また、就寝後や起床後に不快感が強くでやすいです。午前2時ころに胃酸が多く分泌されることや、寝る姿勢が逆流しやすくしているためです。

呑酸:酸っぱい、また苦い液体が口まで上がってくる呑酸は逆流性食道炎特有の症状です。ゲップ(おくび)がでたり、ひどいと吐いてしまうことがあります。

嚥下障害:食道が炎症を起こして蠕動運動の機能が低下すると、食べ物が胸のあたりでつかえて、飲み込みにくく感じます。この症状は「食道がん」にもある症状です。この症状がある場合は、病院で検査を受けてください。

胸の痛み:腹圧上昇時に胃液の逆流が起こりやすいです。この時に、胸に激痛を感じることがあります。胃酸で食道が刺激されて痙攣(けいれん)を起こすことが痛みの原因と考えられています。この胸が締め付けられるような胸痛は、狭心症や心筋梗塞にもある症状です。病院で検査を受けてください。

喉の違和感:胃液が逆流して、喉頭の粘膜に炎症が起こると、咳・声がれ(声がかすれたり、声が出にくい)・飲み込むときに引っかかる、といった喉の違和感や不快感が現れます。

吸気性の喘息・呼吸困難:突発的に胃酸が逆流すると、咽頭が刺激されて痙攣を起こすことがあります。逆流性食道炎による咽頭痙攣は、吸気性(息を吸うときに苦しい)の喘息や呼吸困難の原因になるいわれています。発作前に、苦く感じたり、喉がいがらっぽくなったり、痰が張りついたような感じがある場合は、逆流性食道炎による発作の可能性が高いです。

 - 逆流性食道炎

PC用

PC用

  関連記事