食道胃腸の病気情報館

食道胃腸の病気の症状原因治療についての情報です

食道裂孔ヘルニアの原因・症状・治療

胸腔と腹腔は横隔膜で隔てられています。胸腔内の食道は横隔膜の食道裂孔と呼ばれる穴を通って腹腔内の胃に繋がっています。食道裂孔ヘルニアは、腹腔内にあるべき胃が胸腔側に脱出(突出)している状態です。症状がなければ特別な治療の必要はないとされていますが、胃食道逆流症(GERD、逆流性食道炎REと非びらん性胃食道逆流症NERD)を起こしやすいため注意が必要です。

食道裂孔ヘルニアの多くは滑脱型で、腹部食道・噴門部・胃体上部が脱出しいる状態で、胃液の逆流を防ぐ機能が低下します。ほかに、傍食道型(胃底部のみが脱出して、胃が締め付けられるために、胃粘膜からの出血、血液の流れが阻害が起こります)と混合型(滑脱型と傍食道型の混合)があります。

食道裂孔ヘルニアの原因

食道裂孔ヘルニアには先天性と後天性があり、殆どが後天性です。先天性では、食道裂孔が先天的に緩いために、生まれつき食道裂孔ヘルニアであったり、生後にちょっとした衝撃で胃が脱出してしまします。後天性の多くは加齢によるもので、横隔膜食道靭帯の力が弱くなったり、横隔膜下脂肪組織の退行変性、食道裂孔の弛緩拡張などです。加えて、肥満、喘息、慢性気管支炎などによって腹圧が高い状態が食道裂孔ヘルニアを引き起こす原因になります。
高齢になって骨粗鬆症による圧迫骨折などで腰が曲がったり背中が丸くなっている場合は、食道裂孔ヘルニアになりやすいです。そして、食道裂孔ヘルニアは胃食道逆流症GERDの原因になります。

食道裂孔ヘルニアの症状の現れ方

自覚症状が現れたり、逆流性食道炎を合併して、初めて病態として問題になります。食道裂孔ヘルニアの症状やその現れ方は逆流性食道炎と同様です。胸やけ・胸痛・嚥下障害などの症状があります。症状が強く現れるのは、前屈み姿勢や腹圧が上がった時、夜間(明け方)・食後暫くたってから、アルコールや油っぽいもの・チョコレートなどの食べ物の摂取です。

食道裂孔ヘルニアの診断・治療・手術

問診をはじめ、胸部単純X線検査・消化管造影検査(バリウム検査)・内視鏡検査・心電図などの検査の結果で診断します。内視鏡検査は、潰瘍やパレット食道などの他疾患との鑑別に、心電図は狭心症や心筋梗塞といった虚血性心疾患との鑑別に有用な検査です。
滑脱型で症状が軽い時は、生活習慣の改善で経過観察になることが殆どです。必要に応じて、症状を和らげる薬による治療をします。
滑脱型で逆流性食道炎の症状が強い、また傍食道型の場合は、外科手術による治療をします。食道裂孔からはみ出ている胃を腹腔に戻してから食道裂孔を狭くする手術で、腹腔鏡手術が一般的のようです。

食道裂孔ヘルニアと胃食道逆流症GERDの関係

食道裂孔ヘルニアでは、下部食道括約筋(LES)機能が低下するため、胃食道逆流症GERD(逆流性食道炎REと非びらん性胃食道逆流症NERD)を発症しやすく、胃食道逆流症GERDの重症化・難治化の原因なるといわれています。

妊婦と子どもの食道裂孔ヘルニア

妊娠してお腹が大きくなるにつれて胃が圧迫されて、食道裂孔ヘルニアになりやすく、逆流性食道炎になりやすくなります。また、子供(特に乳幼児)の場合は先天性であることが多く、大抵は成長するとともに自然治癒するといわれています。

 - 食道の病気

PC用

PC用

  関連記事