食道胃腸の病気情報館

食道胃腸の病気の症状原因治療についての情報です

非びらん性胃食道逆流症とは

非びらん性胃食道逆流症とは、逆流症状があるのですが、逆流性食道炎と違い、検査で食道炎を確認できない機能性の消化管障害です。日本人の胃食道逆流症(GERD)の半数以上を占めています。
非びらん性胃食道逆流症(NERD)の詳しい原因は解明されていません。食道の運動機能異常や知覚過敏などが考えられています。症状の改善と悪化を繰り返しているうちに、徐々に様々な症状が現れてきます。治療は、薬物療法や漢方、食事を含む生活習慣の改善になります。

非びらん性胃食道逆流症NERDと逆流性食道炎REとの違い

非びらん性胃食道逆流症NERDは逆流性食道炎REと同じ胸やけなどの逆流症状がありますが、食道に病変が見られないのが大きな違いです。
ほかにも違いがあります。比較(RE:NERD)してみると、性別(男性が多い:女性が多い)、年齢(高齢者に多い:若年者に多い)、食道裂孔ヘルニア(多い:少ない)、症状の現れ方(胸やけなど:より多彩)、メタボ合併(多い:健常者よりも少ない)といった違いがあります。

非びらん性胃食道逆流症NERDの原因と症状

非びらん性胃食道逆流症の詳しい原因は不明です。原因の約70%は食道粘膜の知覚過敏をベースにした胃酸逆流です。食道の知覚過敏はストレスが原因といわれています。ほかに、胃酸以外の液体(胆汁や十二指腸液など)や空気の逆流が考えれれています。
食道の蠕動運動機能の異常などによって、逆流した胃酸が食道下部に長く留まらずに、食道上部まで上がってしまいます。すると、上部にくる胃酸の濃度は低くなっているのですが、食道上部は感受性が高いため、食道炎や咽頭炎といた食道の病変がないにもかかわらず、強い胸やけを感じるのではないかといわれています。
非びらん性胃食道逆流症の症状は、改善と悪化を繰り繰り返えすことで、胸やけ・げっぷ・胸の痛みをはじめとする、多彩かつ辛い症状になっていきます。

非びらん性胃食道逆流症NERDの診断と治療方法

内視鏡検査で異常がないのに胃食道逆流症(GERD)の症状がある場合に、非びらん性胃食道逆流症(NERD)と診断されます。
治療は、生活習慣の改善と薬剤服用です。薬物療法では、胃酸分泌抑制剤や消化管運動機能改善薬のほかに、漢方や抗うつ剤(抗不安薬)が用いられることがあります。
胃酸分泌抑制剤のプロトンポンプ阻害薬(PPI)が第一選択薬として使われますが、流性食道炎に比べて効きにくく、その効果は約50%にとどまります。薬の代謝が速い人の場合は、PPIが長く作用しないために、薬の効果が出にくいことがあります。効果が出にくい場合は、漢方の六君子湯(りっくんしとう)を併用して効果を増強したり、食道の知覚過敏の原因になっているストレスや緊張を軽減する抗不安薬などを用いることがあります。
食生活を含む生活習慣の改善は、胃食道逆流症GARDに準じます。食生活では、規則正しい食事をして、食べ過ぎ飲み過ぎはせず、脂肪分の多い食べ物や刺激物は控えます。そして、食後3時間は横にならない・寝ない(就寝3時間前の食事はしない)ことです。また、腹圧を上げる前屈み姿勢や服装(ベルトの締めすぎ・きつい下着)は避けて、肥満を解消します。就寝は、逆流を抑えるために、上半身が高くなる姿勢で寝ます。食道の知覚過敏の原因になるストレスを軽減する対策も大切です。自分に合ったストレス解消法を見つけてください。

※胃食道逆流症(GERD)は、胃酸などの胃内容物が食道に逆流する病態の総称です。逆流性食道炎(RE)と非びらん性胃食道逆流症(NERD)があります。

 - 機能性消化管障害

PC用

PC用

  関連記事