食道胃腸の病気情報館

食道胃腸の病気の症状原因治療についての情報です

潰瘍性大腸炎・クローン病とは

腸に炎症や潰瘍を生じる病気の中で、潰瘍性大腸炎とクローン病は全く異なる病気ですが、共通点が多く、炎症性腸疾患とよばれます。通常、炎症性腸疾患とは、これら2つの病気を指します。どちらの病気も、難病として特定疾患に指定されおり、年々患者数が増加しています。
遺伝的素因による免疫システムの異常によって腸内細菌に対して攻撃的に働く、また食生活などの環境的要因が絡み合って発症すると考えられていますが、はっきりとした原因はわかっていません。原因不明のため、根治(完治)する治療方法はありません。ガイドラインを基に治療が行われます。治療が難しいケースもありますが、寛解期を維持して普通の生活ができるようになっているといわれています。

潰瘍性大腸炎とクローン病の共通点・相違点

共通点は、比較的若年層に多く発症し、同様の症状があり、長期(多くは一生涯)にわたって寛解と再燃を繰り返すことが多い、治療法が似ている、などがあります。相違点は、炎症の起こる部位・起こり方・深さ、治療における厳密な食事制限の必要性の有無、などがあります。
潰瘍性大腸炎とクローン病ともに若年層に多く発症します。潰瘍性大腸炎の発症年齢のピークは男性20歳前半・女性20歳後半ですが、若年者から高齢者まで発症します。性差はありません。クローン病はの発症年齢のピークは男性20歳代前半・女性10歳代後半です。男女比は約2:1で男性が多い傾向にあります。

潰瘍性大腸炎の症状・治療

潰瘍性大腸炎の主な症状は排便異常で、重症化すると腹痛や全身症状が出てきます。活動期(症状が強い)と寛解期(症状が殆どない)があり、再燃と寛解を繰り返す再燃寛解型が最も多いタイプです。他に、寛解期が殆どない慢性持続型、発症してから急激に悪化する急性劇症型、再燃寛解型の可能性がある初回発作型があります。
原則的に大腸に限局して病変が現れます。クローン病のように狭窄や瘻孔は起こりません。経過が長期間になると大腸がんの発症リスクが高くなります。

 潰瘍性大腸炎の症状

潰瘍性大腸炎の症状は、血便・粘血便・下痢などの排便異常が主体で、軽症の場合は血便が少量で下痢を伴わないことが多く、重症になると血性下痢をはじめ、腹痛・発熱・体重減少・食欲不振・貧血などの症状が現れます。
潰瘍性大腸炎は、大腸に限られて病変(炎症・びらん・潰瘍)が現れます。その病変は浅く、直腸から奥に向かって連続的に広がります。
腸管以外の合併症(腸管外合併症)として、皮膚疾患(結節性紅斑・壊疽性膿皮症)や関節炎(強直性脊椎炎)、アフタ性口内炎、肝障害(脂肪肝・胆管周囲炎)、眼病変、尿路結石などがあります。

 潰瘍性大腸炎の治療

潰瘍性大腸炎の診断には、問診・血液検査・便潜血検査のほかに、X線検査・内視鏡検査などが行われます。
潰瘍性大腸炎の治療は、主に生活指導や薬物療法です。完治させる薬物治療はありませんが、活動期の症状改善や寛解を維持するための薬があります。整腸薬・抗生物質・漢方薬などが用いられることがあります。ただし、重症であったり薬物療法の効果がない場合は外科的治療(手術)が検討されます。
日常生活では、規則正しい生活や十分な睡眠と休息を心がげます。厳密な食事制限や食事療法はありませんが、低脂肪で消化の良い食べ物で栄養バランスの良い食事にします。アルコールや刺激物は避けます。

クローン病の症状・治療

クローン病は、大腸に限局する潰瘍性大腸炎と異なり、口腔から肛門までの消化管全て(特に小腸と大腸)に発症する可能性があります。病変は非連続性で全層性(粘膜よりも深い全ての層まで)です。
再発・再燃と寛解を繰り返す長い経過の中で徐々に進行し、手術が必要になることが少なくありません。

 クローン病の症状

クローン病の症状は、下痢・腹痛など腹部の消化器症状と発熱・全身倦怠感・体重減少(栄養障害)・貧血などの全身症状があります。これら症状は必ず現れるものではなく、病変の部位(小腸型・小腸大腸型・大腸型)や範囲によって個人差があります。
クローン病が進行すると、狭窄・瘻孔・穿孔・癒着が起こることがあります。再発・再燃を繰り返すと、腸粘膜に浮腫が起きたり硬く繊維化した部位が狭く(狭窄)なって腸閉塞、深い潰瘍によって腸管に穴(腸穿孔)が開いて腹膜炎、全層性の炎症のために腸管の周囲の臓器と癒着しやすくなります。非連続性の深い潰瘍のため瘻孔(穴や管でトンネルのようにつながる状態)ができやすく、腸管と腸管、腸管と周囲の臓器、腸管と皮膚の間にできます。肛門付近の瘻孔は痔瘻とよびます。
腸管の合併症のほかに、虹彩炎・結節性紅斑・関節炎・肛門部病変(肛門周囲膿症や痔瘻)などの腸管外合併症が現れることがあります。

 クローン病の治療

血液検査、糞便検査、内視鏡検査などの検査で診断を行います。血液検査や内視鏡検査は、クローン病の診断後にも定期的また必要に応じて行われる検査です。
内視鏡でみると、初期の口内炎のような浅いアフタ性潰瘍(表面が白い膜に覆われた潰瘍)にはじまり、アフタが大きくなったり縦列(腸の縦軸方向)に多発して縦走潰瘍を形成、敷石像(潰瘍で囲まれた粘膜が盛り上がって、丸石を敷き詰めたように見える状態)といった特徴的な病変が腸粘膜にみられます。また、生検等で病理学的にクローン病に特異的な肉芽腫が認められます。
クローン病の治療では、腸管の炎症を抑えて寛解期(症状が安定している時期)を長期間維持することが重要で、症状をコントロールするために、長期間の薬服用が必要です、急性期や憎悪期には栄養療法と薬物療法による内科的治療が行われます。腸閉塞・穿孔・大量出血などに対しては外科治療(手術)が必要になります。

※炎症性腸疾患は、大きな意味で、細菌性・ウイルス・寄生虫による感染症など原因が明らかな、腸に炎症や潰瘍を生ずる腸疾患の全てを指しますが、一般的に「炎症性腸疾患」というときは、狭い意味で、クローン病と潰瘍性大腸炎の2疾患を指します。

※炎症性腸疾患:IBD(Inflammatory Bowel Disease)

※潰瘍性大腸炎:UC(ulcerative colitis)

※クローン病:CD(Crohn’s disease)

 - 腸の病気

PC用

PC用

  関連記事