食道胃腸の病気情報館

食道胃腸の病気の症状原因治療についての情報です

大腸憩室症・大腸憩室炎の原因・症状・治療・予防

憩室(けいしつ)とは、腸管の壁の一部が外側に飛び出した小さな袋状のくぼみです。大腸にできることが多く、これを大腸憩室と呼びます。大腸憩室症は、大腸憩室が多発している状態で、憩室に炎症が起きている状態が大腸憩室炎です。
大腸憩室症の罹患者数は、高齢者の増加や食事の欧米化によって増加傾向にあります。そして、大腸憩室症の増加に伴い、治療が必要な大腸憩室炎も増加傾向にあります。大腸憩室症は無症状のまま経過することが多く、無症状の場合の治療はとくに必要ないとされていますが、症状によっては外科的治療が必要になる病気です。食事を中心とした日常生活に注意をしながら、大腸憩室症の発症・悪化や大腸憩室炎などの合併症予防が大切になります。

大腸憩室症の原因

大腸憩室の大部分が仮性(後天性)憩室です。腸管の粘膜としょう膜が筋層の隙間を抜けて外側に突出した状態です。その発生原因として、欧米化した食生活(肉食と食物繊維不足)や加齢などが考えられています。
大腸憩室の発生場所の傾向として、日本人の憩室の多くは右側型(上行結腸や盲腸)でしたが、近年は左側型(S上結腸や下行結腸)が多くなってきています。高齢者では両側型が増えています。
肉食の増加や食物繊維の摂取量の減少によって、便秘や腸管れん縮(収縮)が起こりやすくなり、その結果、腸管内圧の上昇すると考えられています。右側腸管に比べての腸管が細いことに加えて、便が硬くなってくるS状結腸では、腸管内圧の影響を受けやすく、仮性憩室ができやすいと考えられています。
加齢とともに大腸の壁が弱くなると、小さな圧力でも容易に腸が外側に押し出されるようになります。40歳以降に起こりやすくなります。また、加齢による腸の運動異常により便秘にもなりやすくなります。

大腸憩室症の症状・合併症(大腸憩室炎・出血)

大腸憩室症の多くは無症状のまま経過するとされていますが、ほか消化管の憩室に比べて、炎症または出血などの合併症を起こしやすいといわれています。
大腸憩室症の合併症で最も頻度の高いのが憩室炎です。大腸憩室に便が留まって細菌性炎症が起こると、強い腹痛や下痢・発熱・血便などの症状が現れます。進行すると、穿孔(せんこう)による腹膜炎、狭窄による腸閉塞、膿瘍(のうよう)、瘻孔(ろうこう)を起こすことがあります。
頻度は低いのですが、大腸憩室から出血することがあります。腹痛などの腹部症状がなく、突然、暗赤色また鮮紅色の大量の出血(下血)がある場合は、大腸憩室出血の可能性が高いです。脳梗塞・狭心症・心筋梗塞の治療薬また再発予防薬として抗血栓薬(低用量アスピリンなど)や解熱鎮痛剤の服用をしている高齢者では、その可能性はさらに高まります。憩室出血は自然に止血することも多いのですが、その半数近くは再出血するといわれています。

大腸憩室症・大腸憩室炎の診断治療

大腸がん検診などで偶然発見されることも珍しくありません。大腸憩室症と診断する検査では、部位や個数を確認できる注腸造影X線検査が最も有用です。大腸憩室症と診断されても無症状の場合は、治療はとくに必要ないとされています。
大腸憩室炎の治療は、症状や合併症の程度によって異なります。憩室炎では、腹痛や発熱の発症で受診することが多く、この場合は入院して絶食・輸液・抗生剤投与による保存的治療が基本です。憩室出血の7~8割は保存的治療で止血しますが、繰り返す大量出血では大腸内視鏡で止血処置行うことがあります。
保存的治療で症状が改善しない・再発を繰り返す場合、腹膜炎や腸閉塞を合併した場合は外科的治療が必要です。

大腸憩室症の発症・悪化・再発・合併症予防

大腸憩室症と診断されたら、食事を中心とした生活改善をして、便秘にならないように便通をコントロールすることが、大腸憩室症の発症・悪化や合併症の予防になります。大腸憩室が癌化することはありませんが、憩室が好発するS状結腸は癌やポリープも多い部位ですから、定期的な大腸検査が大切です。

  • 規則正しい食生活で便通をコントロールする
  • 食物繊維の多い食事にする
  • 腸を刺激する飲み物や食べ物を避ける(冷たすぎる・熱すぎるもの、強いアルコール、カフェイン、香辛料など)
  • 肉体的・精神的ストレスを避ける
  • 適度の運動で肥満を解消・予防する(肥満の人に憩室が多いといわれています。)

※憩室には、腸壁全層(粘膜・しょう膜・筋膜すべて)からなる真性(先天性)憩室と、筋層を欠く(粘膜・しょう膜のみ)からなる仮性(後天性)憩室があります。

 - 腸の病気

PC用

PC用

  関連記事