食道胃腸の病気情報館

食道胃腸の病気の症状原因治療についての情報です

大腸ポリープの種類・原因・症状・治療

大腸ポリープとは、一般的に大腸粘膜にできるイボ状に隆起した病変のことです。大腸ポリープの形や大きさは様々で、癌になるポリープ(悪性)と癌にならないポリープ(良性)があります。多くが良性のままですが、大きくなるに伴い癌化リスクが増します。大腸ポリープができやすい部位は直腸とS状結腸です。
大腸ポリープの数は、40歳代から増え始め、年齢とともにできやすくなります。大腸ポリープそのものは男性に多くみられますが、癌化リスクは女性の方が高いといわれています。
小さくとも癌化しやすい形態のものもありますし、いずれのポリープも癌化の可能性が全くないとは言い切れません。大腸がんには、ポリープ由来でない平坦な「デノボがん」もあります。大腸がん検診を定期的に受けることが大切です。健康診断などで便潜血が認められた場合は、内視鏡検査などで詳しい検査を必ず受けることが必要です。

大腸ポリープの種類・分類

大腸ポリープを組織学的に分類すると、腫瘍性と非腫瘍性に大別され、大腸ポリープの80%以上が腫瘍性と考えられています。腫瘍性には腺腫と腺癌があり、非腫瘍性には、過形成(かけいせい)性、過誤腫性(かごしゅせい)、炎症性などのポリープがあります。
大腸ポリープを形態で分類すると、表在型(0型)である大腸ポリープには、隆起型と表面型があります。大腸ポリープと一般的に呼ばれる隆起型には、有茎性・亜有茎性・無茎性があり、有茎の方が無茎よりも悪性化しやすいとされています。表面型には表面隆起型(側方発育型腫瘍:LST)・表面平坦型・表面陥凹型があり、イボ状に隆起せず、小さいものでも癌に変化しやすいとされています。
大腸をはじめ小腸や胃などの消化管に無数(多い場合100個以上)に発生するポリープは消化管ポリポーシスと呼ばれます。多臓器症状を伴う全身疾患として、通常のポリープとは区別して扱われます。遺伝性で癌化しやすいタイプもあり、早期発見が重要です。

大腸ポリープの原因と予防

大腸ポリープの発生原因は、大腸がんと同様に、遺伝的要因と環境的要因が関係していると考えられています。
大腸ポリープになりやすい家系や人がいます。先天的・後天的遺伝子異常です。遺伝子異常が遺伝する家族性大腸腺腫症は代表的な先天的な遺伝子異常によるものです。後天的遺伝子異常は、発がん物質や放射線によって後天的にポリープが発生します。遺伝子異常の程度によって、ポリープの数・形態・発生部位が違います。遺伝子異常によるポリープ発生の予防法はなく、定期的に検診を受けて早期発見することが大切です。
高脂肪・低食物繊維の欧米化した食生活が大腸ポリープの発生また増える原因といわれています。脂肪の多い食事は腸内の発がん物質を増加させます。食物繊維が少ない食事は糞便の排出を遅らせて、発がん物質が腸内に長時間停滞、また便秘を引き起こして腸粘膜を刺激し、大腸腺腫や大腸がんを発生しやすくすると考えられます。
肉食を減らして食物繊維を多く食べることで、ポリープが大きくなることや癌化を予防できるといわれています。また、腸内環境を整えて免疫力を向上させことも大切です。野菜と果物、運動がリスクを低下させます。逆にアルコール・肥満・肉類はリスクを上げます。大腸がんの予防と同じく、食生活を含む日常生活の改善が大切です。

大腸ポリープの症状

小さなポリープは自覚症状がないことが殆どです。ポリープが大きくなると便が擦れて出血(血便)することがあります。血便として、便に鮮血が付着していることがあれば、目で見えない出血もあります。更に大きくなると、出血のほかに、腹痛、腹部膨満感、便通異常などがあります。これらは大腸がんの症状でもみられます。

大腸ポリープの検査・診断・治療

検査診断と治療を同時に行うことができる内視鏡は有効な手段です。便潜血反応検査の結果が陽性の場合に、大腸内視鏡検査で大腸ポリープの検査診断が行われるのが一般的です。ポリープの性状診断は、内視鏡で採取した組織検査で確定できます。拡大内視鏡検査では、生検なしに検査中に即座に性状診断ができます。
良性の腫瘍性ポリープが癌化するため、腫瘍性ポリープ(5㎜より大きな腺腫)は切除する方が良いと考えられています。非腫瘍性ポリープは一般的に癌化しないため、癌予防のために積極的に切除することありません。ただし、有茎性で大きなポリープは、出血や腸重積(腸管が折り重なって腸閉塞の状態)を避けるために切除します。
内視鏡ポリープ切除方法には、ポリープの形態・大きさに応じて、ホットバイオプシー、ポリペクトミー、内視鏡的粘膜切除術(EMR)、内視鏡的粘膜下層離脱術(ESD)があります。

 - 大腸ポリープと大腸癌

PC用

PC用

  関連記事