食道胃腸の病気情報館

食道胃腸の病気の症状原因治療についての情報です

消化管の構造と働き

食道や胃腸などの消化器管は、食べ物の消化吸収という大きな役割があります。消化管の構造は口腔-咽頭-食道-胃-小腸(十二指腸・空腸・回腸)-大腸(盲腸・結腸(上行結腸・横行結腸・下行結腸・S状結腸)・直腸)・肛門の器官で構成される1本の管です。

消化管は飲食物を分解(消化)し、栄養や水分などを吸収し、残ったものをを便として排泄する働きをします。

食物の消化と吸収の働きをする消化管

消化管を通る食べ物の消化と吸収は、口腔内で歯で噛み砕かれて唾液と混じりあうことから始まります。

→食道の蠕動運動で胃に送られ、胃で胃液(弱酸性の消化液)と胃の筋肉の収縮運動でドロドロ状態にされて十二指腸に送られます。

→十二指腸で分泌される肝臓から出る胆汁や膵臓から出る膵液などの消化液と混ざって消化されやすい状態にされて小腸へ送られます。→小腸で食べ物の栄養素と水分の約80%が吸収され大腸に送られます。(吸収された栄養素は腸の血管から肝臓に運ばれて、全身に送り出したり、一時貯蔵されたりします。)

→大腸では主に水分吸収が行われます。→残りの食物カスは便として肛門から体外に排泄されます。

消化にかかる時間
基本的に炭水化物・タンパク質・脂肪の順で消化が進みます。食べ物の消化吸収にかかる時間は、食べ物の量や内容、個人の体質や体調などによって差がありますが、口(約1分)→食道(約5秒)→胃(2〜4時間)→小腸(3〜5時間)→大腸(10時間〜数日)で、およそ1〜3日程度といわれています。

 - 消化器官系の基礎知識

PC用

PC用

  関連記事