食道胃腸の病気情報館

食道胃腸の病気の症状原因治療についての情報です

肝胆膵の働きと消化酵素

消化器系には消化管の外側に位置する臓器として肝胆膵(肝臓・胆のう・膵臓)や腸線などの消化腺があります。消化腺は消化液を分泌して、消化を助ける働きがあります。消化液には、消化酵素を含む唾液・胃液・膵液・腸液などと、消化酵素を含まず酵素の働きを助ける胆汁などがあります。

消化腺の種類とその働きと消化酵素

唾液腺:口に唾液を分泌する働きがあります。唾液のアミラーゼ・マルターゼ・リパーゼなどの消化酵素の働きで栄養素を分解します。唾液にはタンパク質分解酵素を含みません。

胃腺:胃に胃液を分泌する働きがあります。ペプシン・リパーゼの消化酵素の働きで食べ物の栄養素を分解します。

肝臓:胆汁の生成・ブドウ糖の代謝・アミノ酸とタンパク質の合成・脂肪の代謝・解毒機能など様々な働きがあります。胆汁は消化酵素を含みませんが、胆汁が含む胆汁酸は脂肪分解酵素リパーゼの働きを助けて、脂肪の吸収を促進させる働きがあります 。

胆のう:肝臓で作られた胆汁は胆のうに蓄えられた後、胆管を通って、十二指腸へ送られます。

膵臓:十二指腸に膵液を分泌します。膵アミラーゼ・膵リパーゼ・トリプシン・膵ホスホリパーゼA2などの酵素の働きで食べ物の消化に大きく関わっています。膵臓は消化酵素だけでなく、インスリンとグルカゴンという糖代謝に必要なホルモンも分泌します。

腸腺(リーベルキューン腺):小腸に分布する腸線は腸液(消化液)を分泌する働きがあります。アルカリ性の腸液は、スクラーゼ・マルターゼ・ラクターゼやアミノペプチダーゼを含みます。

※炭水化物分解酵素:アミラーゼ・膵アミラーゼ・マルターゼ・スクラーゼ

※タンパク質分解酵素:ペプシン・トリプシン・キモトリプシン・アミノペプチダーゼ

※脂質分解酵素:リパーゼ・膵リパーゼ・膵ホスホリパーゼA2

 - 消化器官系の基礎知識

PC用

PC用

  関連記事