食道胃腸の病気情報館

食道胃腸の病気の症状原因治療についての情報です

ピロリ菌とは

ピロリ菌とは、胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃がんと深く関わっている細菌です。正式名はヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori)菌です。ピロリ菌の発見によって、慢性胃炎や再発を繰り返す胃潰瘍・十二指腸潰瘍の治療が大きく変わりました。

ピロリ菌に感染すると除菌をしない限りピロリ菌は生き続けます。ピロリ菌感染者の殆どが症状もなく日常生活を過ごしていますが、ピロリ菌が慢性胃炎を起こすと萎縮性胃炎や腸上皮化生などの前がん状態になる原因になります。

ピロリ菌の感染経路と感染者

ピロリ菌の感染が経口感染なのは確かですが、その明らかな感染経路は分かっていません。ピロリ菌の感染は衛生環境に影響されやすく、日本では上下水道など衛生環境が整うまで井戸水を飲用していたため、中高年齢以上の感染率が非常に高く、若年齢層になるほど低くなります。ピロリ菌の初感染の殆どが幼児期ですが、大人のピロリ菌再感染も稀ではないとされています。

ピロリ菌の遺伝子

ピロリ菌には様々な遺伝子型があり、病原性(感染症を起こす性質・能力)が違います。東アジア(日本を含む極東地域)のピロリ菌感染胃炎は欧米よりも重症の傾向があり、加えて、胃癌の発症率も東アジアの方が圧倒的に高く、東アジア内では、南方に行くほど胃がんの発症率は低くなります。日本人の胃の中にいるピロリ菌は病原性が強く、胃粘膜の炎症や萎縮などを生じさせて、胃がんを引き起こしやすいのです。

ピロリ菌の生態

ピロリ菌は、わずかに螺旋状のねじれがある細長い本体に鞭毛と呼ばれる推進器官があって、鞭毛をスクリューのように高速回転させて移動する細菌です。ピロリ菌は微好気性菌(低い酸素濃度の環境を好む菌)で、栄養分が豊富な胃粘液などに生息します。強酸性の胃の中のピロリ菌は、胃酸から自らを守るために胃壁粘膜や粘液に潜り込み、ウレアーゼという酵素で胃の中の尿素を分解してアルカリ性のアンモニアを作ってピロリ菌の周りの胃酸を中和することで生き続けやすい環境を作ります。ピロリ菌が出すウレアーゼや細胞空胞化毒素(サイトトキシン)は、胃粘膜に悪さをして胃炎や胃潰瘍を引き起こします。

ただ、ピロリ菌は酸素がある大気中では生きられません。酸素や乾燥に弱く、大気にさらされると徐々に死滅します。

ところが、このように生存環境が悪化すると、本来の螺旋状の形態からコッコイドフォルム(球状態)に形態変化して、冬眠するかのように活動や増殖を休止して、感染の機会を待つという生き延びる戦略を持っています。また、ピロリ菌は胃の中の酸性度が低い部位を見つける機能を持つといわれます。デリケートな細菌でいて、なかなかしぶとい細菌です。

 - 胃・十二指腸とピロリ菌

PC用

PC用

  関連記事